葬儀社のする事ってなんですか?

東京で注目されている葬儀スタイル、家族葬について

近年、東京などの都市圏では、家族葬と呼ばれる少人数で行う葬儀が関心を集めています。これまで主流だった葬儀は、親族や会社の関係者などが参列する大規模なものでした。そのため葬式にかかる費用はかなり高額で、平均すると100万円から200万円ほどかかるといわれています。
家族葬また、従来型の葬儀は参列者の数が非常に多いため、遺族は常に応対や準備に追われ、心休まる時がほとんどありません。雑務に忙しく、大切な人との最期の時を十分に過ごせないままお別れすることが珍しくありませんでした。家族葬は従来型の葬儀と比べると安価で少人数制です。費用は平均すると50万円から100万円ほどで済みますが、従来型と同等のサービスを受けることができます。家族葬は少人数制を採用することで、人件費や設備費用を大幅にカットしています。クオリティーは従来型とほとんど変わらないので、質の低下を心配する必要はありません。地方では依然として従来型の大規模な葬儀が好まれる傾向がありますが、地方と比べて人とのつながりが希薄な都会では、家族葬をはじめとしたシンプルで小規模な葬儀が人気を集めています。都会で家族葬が注目されている理由には、人間関係の希薄化や費用の安さが関係しているといえるでしょう。

 

葬儀社に相談できやいように

葬儀のことを葬儀社に相談する際にはスムーズに相談ができるように事前準備をしておくことが必要です。
その事前準備としてまず行いたいのは「責任者を決める」ということです。
より正確にいえば喪主は誰なのかということなのですが、一般的には亡くなった方の配偶者、もしくはその長男や長女が務めることになるでしょう。
お葬式ですが中には例えば配偶者の方が障害を抱えていて喪主を務めあげられそうにない場合や、長男や長女が遠隔地に住んでいて実家に帰省することがなかなかできないなどのことがあります。
喪主は葬儀の後も法事や墓参りを執り行う責任を持ちますので、その後も個人のお世話を務めることができる方を責任者として決めておくことが必要です。
次いで重要なのが「葬儀に参列する人のおおよその数」です。
最近では葬儀社が提示するプランに合わせて呼ぶ数を決めるなどのことも多いのですが、例えば絶対に参加するはずの人数が10人程度か、それとも100人程度かで選ぶべきプランは変わってきます。
会場確保の段取りも異なってきますので、このことは必ず事前にある程度の見当を付けておくようにしてください。
またこのほかですと病院を出た後でご遺体をお連れする先、役所に死亡届を出すために必要な印鑑なども併せて準備しておくようにしましょう。
突然の葬儀だとこうした準備はついつい忘れがちになるものですから、いつでも必要なものを出せるようにしておくのがベストです。
カラコン アマゾンギフト券 買取 注文住宅 横浜 マンションリフォーム 横浜

 

知っておきたい東京都の斎場情報

堀ノ内斎場

  • 特に杉並区、世田谷区、中野区、練馬区の方が便利
  • 東京都杉並区梅里 にある民営斎場

臨海斎場

  • 特に大田区、品川区、目黒区、世田谷区、港区の方が便利
  • 大田区東海にある火葬場が併設している区営の斎場

落合斎場

  • 特に新宿区、中野区、豊島区、板橋区、練馬区、文京区の方が便利
  • 落合斎場は東京都新宿区にある民営斎場

桐ヶ谷斎場

  • 特に品川区、目黒区、世田谷区、港区、中央区、千代田区、大田区の方が便利
  • 東京都 品川区西五反田 にある民営斎場

日華斎場

  • 特に府中市、小金井市、調布市、三鷹市、武蔵野市、西東京市、小平市、国分寺市、国立市の方が便利
  • 東京都府中市多磨町 にある民営斎場

戸田斎場

  • 特に板橋区、北区、練馬区、埼玉県戸田市、川口市、蕨市、和光市、朝霞市、志木市の方が便利
  • 東京都板橋区 にある民営斎場

谷塚斎場

  • 特に足立区、埼玉県草加市、八潮市、鳩ヶ谷市の方が便利
  • 埼玉県草加市瀬崎町にある『谷塚斎場』は北館、南館、東館、西館、星館など複数の式場を提供する民営斎場

葬儀社と斎場・火葬場について

全国各地には、葬儀を行う施設がありますが、利用する際には葬儀社と斎場、火葬場について、いくつか知っておきたいことがあります。
葬儀は、通夜を行いその後告別式を行って、火葬場にて故人を荼毘に付す流れが一般的になります。その際には、葬儀社の役割は重要になるものです。
葬儀故人が衣装に着替えるところから、葬儀社が手伝ってくれるところもあり、通夜から葬儀、告別式と火葬までの流れをサポートしてくれるのが葬儀社になります。
現在では、通夜や葬儀、告別式などを行う斎場を所有している葬儀社があります。
こちらの場合には、公営や民間の斎場も利用することが可能となっています。

 

しかしながら、多くの葬儀社は斎場を所有していないことが多いようです。
また、斎場には火葬場を併設している施設があります。
このような施設であれば、葬儀、告別式を終えた後の、火葬場への移動時間が短くて済みますので、便利といえるでしょう。
ですが、地域によっては斎場と火葬場が分離されているところもあります。
これは、通夜や葬儀、告別式を、自宅や自宅近くの集会場などで行っていたため、火葬場の施設が単独であったといわれています。
現代の葬儀事情は、昔に比べて変化してきていますので、葬儀を行うことになった時には、まずは葬儀社を選んで連絡をし、斎場や火葬場を相談しながら決めていくのがいいでしょう。
気持ちの整理をしながら、葬儀の専門にまかせて進めていくのもいいでしょう。
歯科開業 マンションリフォーム 横浜 スキンケア 携帯買取 屋形船 エアコンクリーニング